パソコンとの出会いに感謝

 私が50歳前後の頃、主人や、娘2人はパソコンを使いこなしていました。私はパソコンでするようなことは、娘に頼み、全く無関心でした。でもある時娘が私の目の前にノートパソコンを置き、「お母さんも、やってみて」と勧めてくれました。アナログ世代の私にとって、なかなか覚えられず、同じことを何回も何回も聞きながら、少しずつ触れるようになりました。そして今ではこれほど面白い物はないと思えるぐらいになりました。分からない事を徹底的に調べたり、動画を見たり、音楽を聴いたり、簡単な文や表を作ったりと、自分の世界が広がる楽しみを知りました。このようなパソコンとの出会いに感謝です。